225先物やFXのデイトレードの為の相場展望を、毎日朝と夕方に書き込みます。

10/21 【特集】 トランプ当選以後の日経平均とドル(第36編)

ドルベース日経平均日足36
スポンサーサイト
2017-10-21 : 特集 :
Pagetop

10/21 週間高安、月間高安

週間高安
225先物 週間高値 21,560
       週間安値 21,190
ドル円   週間高値 113.572
       週間安値 111.649
月間高安(第2週から)
225先物 月間高値 21,560
       月間安値 20,655
ドル円   月間高値 113,572
       月間安値 111.649
2017-10-21 : 週間、月間高安 :
Pagetop

10/20(夕方) 米国予算案議会通過で

 午前中に米国議会で2018年度の米政府予算案を可決したことで、懸案の税制改革へ向けてハードルが一段下がったことを好感した買いが、株式とドルを押し上げた。

 これで、一度は反転の兆しを見せたドル円相場も直近高値の113.43付近を更新しドル続伸の流れが出る可能性が出てきた。

 米国株式は先物で大きく買われているが、原資産市場が開いてみないと実際の市場の温度は判らないので、欧州市場は見送りとなる。

18.07  113.36
2017-10-20 : 展望 :
Pagetop

10/20 週明けを見据えた展開

 本日は特に日経平均については、週明けの選挙結果を見据えた動きに注意しなければならない。
選挙予想からすれば大きく売られることはなさそうだが、ナスダックが窓を開けたまま終了したことは市場心理に影響するかもしれない。
 ドル円に関しては、テクニカルなサポートが重なって入っているので、下振れの可能性は低いとみる。

8:46  112.63
15:00 113.157
2017-10-20 : 展望 :
Pagetop

10/19(夕方) 高値もみ合い

 今晩も、相場を大きく動かしそうな経済指標の発表の予定がなく、FRB高官の講演も特に関心を集める局面ではないことから、市場は新たな材料探しを強いられる。
目新しい話題が取り上げられなければ、今晩も小動きを想定せざるを得ないだろう。
 やや欧州市場でドル売りが出たが、これは米国株式先物の反落に伴うもので、株式市場の強気相場が不変であれば大きな売り崩しには至らないものとみる。

18:58  112.66

★今晩の主な予定★

21:30  米新規失業保険申請件数
      米10月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
22:30  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁講演
23:00 米9月景気先行指数
2017-10-19 : 展望 :
Pagetop
ホーム  次のページ »

ご利用上の注意

本ブログは、管理人の個人的な考えを記載しております。 読者の皆様の取引から生じた損失に関しては、管理人は一切免責であることをご了解の上、ご利用ください。

ブログランキングに参加してます

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ



特集記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

script src='http://blogparts-designstock.com/swfpfixbp.js' type='text/javascript'> '